映画 60セカンズで世界中のマッスルカー・フリークを熱狂させた名車 『エレノア』 - '60年代~ 思い出の旧車研究所



スポンサードサーチ

映画 60セカンズで世界中のマッスルカー・フリークを熱狂させた名車 『エレノア』

ford-mustang-1967-eleanor-60-seconds_01.jpg

映画 60セカンズといえば、ニコラス・ケイジ主演で、アンジェリーナ・ジョリーまで出演している大ヒット映画。
バニシング in 60のリメイクバージョン映画であります。
この映画には様々な名車が登場しますが、断トツは何と言っても主役のエレノア。
シェルビーGT500です。

とはいっても、実際シェルビーGT500は本物ではなく、著名なデザイナーの「スティーブ・スタンフォード」氏の助力をえて映画用に「シネマ・ビークル・サービス」社が「フォード」社 の「マスタング」をカスタムしたものなんです。本物のシェルビーGT500では無いんですね。

撮影用には13台が製作され、使用されたのが12台。残り1台は本物の1967年式 シェルビーGT500をベースに製作されたそうですが、撮影には使用されませんでした。

ford-mustang-1967-eleanor-60-seconds_08.jpg

ford-mustang-1967-eleanor-60-seconds_09.jpg

その撮影で使用された車両の内1台が以前オークションに掛けられました。
落札価格はなんと100万ドル(約1億円)。
夢のような値段です。いったいどんな人が購入されたんでしょうね。

そんな夢の車エレノア。
映画の公開以降、アメリカでは様々なエレノアのレプリカ車が製作されました。
中でもフュージョン・モーター・カンパニーのエレノアが別格なクオリティなんです。
劇中車を超えたレプリカ車ですね。

しかも、驚くべきことにフォード公式ライセンスを取得しており、新車として販売されているんです。
フュージョン・モーター・カンパニーのエレノアは、熟練の職人が1台ずつ手作りするコンプリートカーなので、エンジンやミッションといった機関部のみならず、車両製作のオーダーに関しては様々な選択肢がある様です。
まさにお好みの1台が造れちゃうんですね。

気になるお値段はベーシックモデルで約3200万円。
相当なお値段ですが、世界に1台だけの本物のエレノアを手に入れることが出来るんです。

pr_eleanor_002_l.jpg

pr_eleanor_005_l.jpg

pr_eleanor_011_l.jpg

搭載されているエンジンは、ROUSH製『427 IRN 8-STACK』で、最高出力550hp&最大トルク540lb-ft。
エンジンに関してはスーパーチャージャー付ユニットも選択可能なんだそうですよ。
さすがにニトロは積めませんけどね。




ブログランキング参加中です!応援宜しくお願いします♪



にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
にほんブログ村


旧車・絶版バイク ブログランキングへ
スポンサーサイト

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント